2017年07月24日

光に舞うシルエット

光る海のシルエットs.jpg

これは30年近く前にグアムの海岸で撮った一枚です。

古いフィルムカメラで撮ったので、フィルムの粒子が目立ち
ほどよくソフトタッチなのでレトロ感覚がある写真です。
今のデジタルカメラだと、もっとシャープな写真に仕上がるでしょうね。

古くなると、多少ソフトな方が、写真も人も良いのかもしれません・・・

夕暮れ時の逆光に浮かんだビーチボールで遊ぶ男女のシルエットが、
まさに、シルエット・ロマンス・・・大橋純子の歌が懐かしい・・・あの頃。


posted by ガセン at 21:03| Comment(0) | 海外

2017年07月23日

黄昏の鵜舟

鵜舟黄昏33s.jpg

夕日が強い逆光となって、鵜舟の船頭さんをシルエットで浮びあげてくれました。
船頭さんのポーズも力強く凛々しい・・・まさに鯔背(いなせ)。


やがて、今宵の鵜飼の舞台へとお客様を乗せた鵜舟が向かいます・・・。

鵜舟黄昏4s.jpg


posted by ガセン at 21:00| Comment(0) | 岐阜

2017年07月01日

黄昏のウィンドサーフィン

黄昏ヨット1s.jpg

湘南の海では、サーフィンよりも、ウィンドサーフィンが増えているそうです。
このエリアは特に多く、小さ目の帆があちらこちらに立っています。

夕暮れで少し空画赤紫色に染まってくると、風を受けたウィンドは、照り映える海に
点在する模様を描いてくれました。

posted by ガセン at 00:58| Comment(0) | 国内

2017年06月24日

黄昏の荻須高徳的風景

繊維ビル黄昏1s.jpg

パリの街並みを書き続けた荻須高徳画伯は、建物の壁面の表情をとても味わい深く表現しました。

この場所は岐阜駅前の繊維問屋街の旧ビルの壁面で、再開発で剥き出しになっていますが、
コンクリートの壁面が50年以上の歴史を表現しているようで独特の風合いがあります。
思わず、荻須画伯の絵が脳裏に浮んで来ました。
この壁面の逆側は37階高層ビルが建っていて新旧のコントラストが美しいです。

黄昏時のうろこ雲が街並みに絵画的な表情を加えてくれました。



posted by ガセン at 19:56| Comment(0) | 岐阜

2017年06月23日

昔、競馬場の観覧席だった

根岸夕暮れ2s.jpg

横浜にある根岸森林公園の中には、かつて競馬場の観覧席があった建物が残っています。
競馬場自体は今はありませんが、ここは、その建物の裏側。

夕日が当たってさらに重厚感が増しています。
昔の競馬場は重みがあったんですね。

posted by ガセン at 15:48| Comment(0) | 国内

2017年06月22日

横浜のクィーン

横浜クィーン塔s.jpg

横浜にはキング、クィーン、ジャックと言われる通称「横浜三塔」があり、これは、クィーン塔です。
夕日が当たって赤く染まっていますが、目の前にあるレトロな街灯がいい感じです。

この辺りは、デートスポットとしても有名ですが、とても雰囲気のあるエリアです。


posted by ガセン at 16:03| Comment(0) | 国内

2017年06月21日

夕暮れのライティング・・・赤レンガ倉庫

黄昏の赤れんが倉庫s.jpg

横浜の赤レンガ倉庫は表側と裏側では大きく表情が変わります。
特に夜になると、ライティングが華やかに見えるのは裏側。

スロープの天井がライティングされて、まるでイルミネーションのように輝いて見えます。
はるか向こうには、ベイブリッジの夜景も見え、若者で賑わっていますね、
今夜は何が始まるんでしょうか?

posted by ガセン at 19:31| Comment(0) | 国内

2017年06月20日

バイオレット長良川

夕暮れの長良川s.jpg

バイオレットに染まる長良川。
夜になる寸前に一瞬見せる彩りは、一日の癒しのひととき・・・。


posted by ガセン at 13:59| Comment(0) | 岐阜

2017年06月19日

The cafe のネオンサイン

横浜グランドネオン2s.jpg

横浜グランドホテルのバーThe cafe のネオンサインが灯りました。

横浜を代表する老舗ホテルの1階にあるこのバーは、映画俳優がお忍びで来ることでも有名です。
この写真だけ見ていると日本じゃないみたいです・・・。


posted by ガセン at 19:52| Comment(0) | 国内

2017年06月18日

黄昏のジェット・ストリーム

ジェット機黄昏1s.jpg

黄昏のジェット・ストリーム・・・

夕日がジェット機の翼に重なって放射状のハレーションを起こしています。
まさに光のストリーム。
眼下に広がる雲海も赤く染まって、まもなく着陸です。

「今宵のパイロットは・・・」、懐かしいあの人の声が聞こえてきそう・・・。
BGMはもちろん「ミスター・ロンリー」。



posted by ガセン at 21:14| Comment(0) | 国内

2017年06月17日

富士山と赤雲

富士山と赤雲s.jpg

森戸海岸から遠くの富士山を眺めていました。
富士山は画面の中央下に小さく映っています。

夕暮れになって、画面の半分の雲が赤黒く染まってきました。
見たこともない、ドラマチックな空。

絵のような不思議な写真です。
posted by ガセン at 21:39| Comment(0) | 国内

2017年06月16日

黄昏の海鳥が描くアート

海岸はとs.jpg

海鳥が海岸にある電灯に乗って、まるでオブジェのようです。
ドラマチックな黄昏の空との構図は、まさしく、フォトジェニック!
見ているだけで、心が洗われるような・・・。

やはり黄昏は、自分をリセットできる「マジックアワー」なんですね。


posted by ガセン at 23:41| Comment(0) | 国内

2017年06月15日

黄昏の静寂に包まれる渚ホテル

夕暮れ渚ホテル1s.jpg

黄昏の渚に佇むホテルの灯りが、海にその姿を映しこんでいました。
砂浜にはデッキチェアが1つ、誰かの忘れ物のように置かれたまま・・・。

波も立たない鏡面のような海、ただ、静かな時が流れていきます。

でも、静寂は黄昏の今だけ。
もうすぐ、夜のしじまに繰り出す陽気な人たちで、
ビーチは再び、賑わいを見せるはず。


posted by ガセン at 22:43| Comment(0) | 海外

2017年06月14日

セピア色の海岸

niigata-s.jpg

これは、以前に訪れた新潟市にある海岸です。

セピア色の写真に見えますが、夕暮れ時の色調が
本当にセピア色に染まって見えました。

夕日のラインに浮かび上がる男女のカップルのシルエットが
映画のワンシーンのようで、まさに「ドラマチック」・・・。


posted by ガセン at 21:24| Comment(0) | 国内

2017年06月13日

夕日が描く海

夕日海岸s.jpg

夕日が海に一筋のラインを描き出しました。

後光が射す・・・そんな感じです。

神々しい瞬間は、光が描き出すんでしょうか?
「観光」とは、光を観ると書きますから・・・。


posted by ガセン at 10:49| Comment(0) | 海外

2017年06月11日

黄昏の川原町

黄昏川原町3s.jpg

行燈に灯がともり川原町に黄昏がやってきました。
今夜の空は、紫がかって、しっとりとしています。

夕暮れの中で着物の帯がうっすらと浮んで見え、
よく見ると女性と男性のカップルがゆっくりと歩いていきました。

やはり川原町には着物が似合いますね。

posted by ガセン at 21:34| Comment(0) | 岐阜

2017年06月09日

赤レンガ倉庫とベイブリッジ

赤レンガ倉庫橋1s.jpg

赤レンガ倉庫に夕焼けの赤みが加わると重厚感が増します。
遠くにベイブリッジも見え、ここは横浜では大人気のデートスポット。

今日は週末なので、人だらけです。

posted by ガセン at 14:22| Comment(0) | 国内

2017年06月08日

赤レンガ倉庫に射す夕日

赤れんが背面黄昏s.jpg

横浜の赤レンガ倉庫の裏側にある石畳に夕日が照り映えて、まぶしいくらいです。

古いジャズのアルバムにこんな写真があったような・・・。
横浜は日本のジャズ発祥地とも言われ、街を挙げてジャズを地域振興に利用しているほど。
当然、ジャズスポットは多いです。

ブルージーなサックスの響きが、こんな光景には合っているようです。
posted by ガセン at 20:45| Comment(0) | 国内

2017年06月07日

トワイライト・ラブ

黄昏氷川丸1s.jpg

黄昏時の山下公園は、デートを楽しむカップルがあちらこちらで見られます。

氷川丸が常時停泊している埠頭は、特におすすめのスポット。
今宵も若い二人が、スマホを見ながら何やら相談中・・・。

中華街で食事をするか、みなとみらいで夜景を楽しむか・・・

もう少し暗くなって、恋人たちがシルエットになるころ、
夜のストーリーが始まります。


posted by ガセン at 13:08| Comment(0) | 国内

2017年06月06日

夕暮れのヤシの影絵

夕暮れヤシ2s.jpg

バイオレットに染まる空の光を受けて、
ヤシたちが作る影絵の世界・・・

「紫」は神秘の色と言われますが、トワイライト・バイオレットは神々しいです。

南国の夕焼けは、時々、神様がお出ましになるような・・・


posted by ガセン at 20:47| Comment(0) | 海外

2017年06月04日

黄昏の海に女性一人

黄昏海岸女性s.jpg

黄昏の海に、ぽつんと、女性が一人・・・

大好きなボサノバの大御所アントニオ・カルロス・ジョビンの
名曲「イパネマの娘」のメロディが思い浮かびました。
緩やかで穏やかで少し気だるい旋律が、流れてきそうです。

今宵は波が静かなので、ゆったりしたボサノバが似合いますね・・・。

オンザロックかハイボール・・・「酒とバラの日々」になりそうで少し不安。



posted by ガセン at 19:39| Comment(0) | 海外

2017年06月03日

黄昏の湘南海岸

江の島ドライブs.jpg

江の島が見えてきた・・・サザンオールスターズの曲のように・・・

今日は風が強く波が高いですが、黄昏の湘南海岸は白波が立って荘厳な景色となりました。
海岸を歩く人も大変そうですが、バックミラーには渋滞の車がつながって見えます。

こんな景色ならずっと見ていたいものですが、車は数珠つなぎで進行していきます・・・。


posted by ガセン at 19:02| Comment(0) | 国内

2017年06月02日

氷川丸とカモメの行列

氷川丸カモメ1s.jpg

山下公園埠頭に常時停泊している氷川丸の錨のチェーンに
カモメの可愛い行列ができています。

黄昏の淡い赤紫の空に、何ともユーモラス。



posted by ガセン at 12:42| Comment(0) | 国内

2017年06月01日

哀愁の長良川

長良川慕情s.jpg

夕暮れの長良川で写真を撮っていると
金華橋を眺めながら、物思いにふけっている女性の後ろ姿が見えました。

冬の寒い日だったので、レンズが曇りがちになっていましたが
霧がかかったような幻想的な写真になりました。

誰かを偲ぶ、哀愁の長良川・・・・


posted by ガセン at 10:17| Comment(0) | 岐阜

2017年05月31日

霧にむせぶ長良川

nagarabenti1s.jpg

長良橋を見渡す川の畔にある、黄昏時のベンチ。
目の前に霧が立ち込めて、長良川が煙っているようで幻想的です。

人が去った後の、余韻が流れてくるようで、少し寂し気・・・

古いフィルムカメラで撮ったので、フィルムの粒子が目立ってレトロ感が出ました。

posted by ガセン at 11:44| Comment(0) | 岐阜

2017年05月30日

秋深まるレマン湖のシヨン城

シオン城s.jpg

秋深まるレマン湖のシヨン城。

城のネームプレートに黄昏の赤みが乗って、深味が出ました。
レンズのせいかもしれませんが、中央から放射状に流れる雲と、
ネームプレートの向きが不思議な遠近感を作っています。

シヨン城は古代からある古城だそうで、湖に突き出た岩盤の上に立っていますが、
見る角度によっては、湖に浮かんだようにも見えるそうです。
写真のアングルでもシヨン城が湖面に写って、浮んでいるようにも見えます。

タイムスリップしたような、デジャブのような・・・浮遊感と遠近感・・・。



posted by ガセン at 20:12| Comment(0) | 海外

2017年05月29日

黄昏のランナー

黄昏ランナー1s.jpg

黄昏の海岸を、黙々と走っているランナーがいました。

観客は、ひっそりと佇む椅子一つ。
歓声は無いけれど、波音がエールを送っているようにも聞こえました。


posted by ガセン at 12:27| Comment(0) | 海外

2017年05月28日

都会の砂漠の蜃気楼

大桟橋横浜s.jpg

大桟橋埠頭の木製デッキから、横浜みなとみらいのビル群を見渡すと
まるで砂漠の蜃気楼のように見えてしまいます。

東京砂漠〜♪〜という歌詞のフレーズがありましたが、
幾何学的なデッキのデザインは、著名な建築家が設計したそうで、
「横浜砂漠」という幻影でしょうか?

夕暮れ時には、親子のちょうどよい遊び場となり、
お子さんのはしゃぎ声が、響き渡っていました。


posted by ガセン at 19:18| Comment(0) | 国内

2017年05月27日

港の見える丘公園の黄昏

港の見える丘公園s.jpg

港の見える丘公園から二人の女性が、みなとみらい方面を眺めていました。

どんよりとした曇り空なので、みなとみらいのビル群は霞んで見えますが、
しだいに夕暮れの赤みが射して輪郭がはっきりしてきました。

ユーミンの「海を見ていた午後」は、この辺りの様子が歌詞に入っていて、
「山手のドルフィン」はユーミンがこよなく愛したカフェでした。
港の見える丘公園から歩いても数分の距離です。


posted by ガセン at 13:48| Comment(0) | 国内

2017年05月26日

南国ホテルのヤシと灯火のダンス

夕暮れホテルs.jpg

南国のリゾートホテルの黄昏は
ヤシの並木が涼し気なシルエットを描き出してくれます。

灯火がレンズで滲んで、不思議なタッチを加えてくれました。
まるで、ヤシと灯火がダンスを踊っているようにも見えてしまいます。




posted by ガセン at 11:13| Comment(0) | 海外

2017年05月25日

ベニスが世界に誇る黄昏

ベニス遠景s.jpg

これは、ベニスが世界に誇る黄昏のベストアングル。

ゴンドラに揺られながら見る光景は、夢見心地で、まさにシネマ・ワールドです。


posted by ガセン at 09:39| Comment(0) | 海外

2017年05月24日

黄昏海岸のロンリー・チェア

黄昏海岸椅子s.jpg

黄昏の海岸がゴールドに染まってきました。
椅子がぽつんと一つだけ、海に背を向けて佇んでいます。

ご主人がいない、ちょっと寂しげな、「ロンリー・チェア」ですね・・・。
posted by ガセン at 08:49| Comment(0) | 海外

2017年05月23日

黄昏の海岸で遊ぶ親子

海岸黄昏親子s.jpg

夕日の逆光がまぶしい海岸に微笑ましい親子の姿がありました。

砂遊びをする子供はいたずらっぽく、無邪気・・・お母さんは大変ですね。


posted by ガセン at 23:24| Comment(0) | 海外

2017年05月22日

ベニスの夕暮れ

ベニス夕焼け1s.jpg

まるで映画のワンシーンのようなベニスの黄昏。

古いフィルムカメラで撮ったので、レトロな感じが増しているようで
レトロ・ロマンティックとでもいえそうな夕暮れでした・・・・。


posted by ガセン at 09:26| Comment(0) | 海外

2017年05月21日

横浜グランドホテルの黄昏シルエット

横浜グランドホテル影s.jpg

名門老舗ホテルの横浜グランドホテルの看板の影が
石畳に小粋なモノトーンの陰影を描いてくれました。

夕暮れ時は、石畳がセピア色に染まります。


posted by ガセン at 22:21| Comment(0) | 国内

2017年05月20日

黄昏のシルエット

根岸森林公園黄昏s.jpg

黄昏時はロマンチックなシルエットが浮かび上がります。

これは、以前に住んでいた横浜にある根岸森林公園で撮影しました。
丘の上にあるので、地平線のようにも見えます。

懐かしく、哀愁が漂う一枚です。
posted by ガセン at 20:56| Comment(0) | 国内

2017年05月19日

ペインティングのような黄昏ボート

黄昏ボートs.jpg

スイスのレマン湖の畔で、赤とオレンジの鮮やかなボートが
黄昏の色が重なって、水面にペインティングのような映り込みを描いていました。

モダンアートのような写真です。




posted by ガセン at 11:38| Comment(0) | 海外

2017年05月18日

蜃気楼海岸

蜃気楼海岸s.jpg

波打ち際に水しぶきが上がって、
対岸がまるで蜃気楼のように見えます。

黄昏は、夢うつつの「マジック・アワー」とも言われますから・・・。


posted by ガセン at 08:41| Comment(0) | 海外

2017年05月17日

ゴンドラのトワイライト・レッド

ゴンドラ船底s.jpg

夕日が当たって、ゴンドラの船底のレッドがトワイライトの色が加わり鮮やかに浮き出しました。
船頭さんの帽子のレッドもアクセントになっています。

まさに、イタリアン・レッド。

イタリアの風景は、伝統的に色調がアートしてますね。


posted by ガセン at 14:18| Comment(0) | 海外

2017年05月16日

夕日と遊ぶ子供たち

新潟海岸子供s.jpg

これは新潟市の海岸で撮った写真ですが
ウロコを模した海岸のブロックの上で遊ぶ子供たちが
夕日に映えてとても印象的でした。

空の雲が、レンブラントが描く「光彩画」のようです。

新潟黄昏海岸s.jpg


posted by ガセン at 21:30| Comment(0) | 国内

2017年05月14日

みなとみらいとシーバス

シーバスクォーターs.jpg

横浜駅東口のすぐそばにベイクォーターがあります。
多くのショップやレストランが集合したショッピングモールですが、
シーバス(海のバス=船)の発着所があります。

日が暮れてくると、ちょっとした黄昏の船旅を楽しむ人が増えます。
この先は、横浜赤レンガ倉庫、そして山下公園埠頭へ・・・。

遠景にみなとみらいのビル群を従えて、横浜屈指のロケーションです。

シーバスクォーター2s.jpg


posted by ガセン at 13:01| Comment(0) | 国内

2017年05月13日

朝日を浴びるツインビル

ツインビル黄昏s.jpg

これは、黄昏ではなく、朝焼けの駅前ツインビル。
朝日の光は、夕日より強くシャープです。

赤く染まったツインビルが、まるで絵のような写真ですが、
何の色補正もしていないんです・・・。


posted by ガセン at 21:45| Comment(0) | 岐阜

2017年05月12日

夕日の光の花が咲いた

黄昏駅前s.jpg

岐阜駅前の夕日を撮影したら
レンズのフレアが光の花のような形になりました。

幸運の印か?・・・淡い期待です。


posted by ガセン at 21:39| Comment(0) | 岐阜

2017年05月11日

彩雲は幸運の印?

彩雲s.jpg

彩雲(さいうん)は古来から瑞相(良いことが起きる前触れ)の一つと言われ、
「見た人には幸運が訪れる」とも言われているそうです。


実際には、彩雲は太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象だそうですが、
何となく幸運のシンボルとして、期待してしまいます。

夕暮れに傾くころ現れた彩雲に、海鳥が近づいてきて、写真の構図としては良くなりました。
それをラッキーとしましょう・・・


posted by ガセン at 19:44| Comment(0) | 国内

2017年05月10日

古城ホテルの黄昏

古城ホテルs.jpg

ロンドン郊外にある古城ホテルの黄昏。

ライトアップされて、幻想的な色調になりました。
魔法にかかったような・・・
さすが、ハリーポッターが誕生した国です。


posted by ガセン at 13:57| Comment(0) | 海外

2017年05月09日

黄昏のゴンドラ波止場

ゴンドラ夕焼けs.jpg

黄昏のゴンドラ波止場です。

あえて、斜めに写真を撮りましたが、面白い構図になりました。
やはり、「斜に構える」性格が出てしまったようです・・・

posted by ガセン at 09:46| Comment(0) | 海外

2017年05月08日

コートダジュールの黄昏

フランス海岸夜景s.jpg

30年以上も前に訪れたフランスのコートダジュールの海岸通りの黄昏。

古いフィルムカメラで、しかも粒子の粗い高感度フィルムで撮ったので、
ライトの周りの粒子が荒れて、やや絵画的に仕上がっています。

デジタル処理なら簡単な粗粒子表現も、昔はフィルムを変えたり露出を変えたり大変でした。


posted by ガセン at 09:08| Comment(0) | 海外

2017年05月07日

テームズ河畔の夕暮れ

テームズ河畔s.jpg

ロンドン郊外にあるテームズ河畔の夕暮れです。

カモが3羽、「編隊」を組んで泳いでいる様子が、のどかですね。

古いフィルムカメラで、しかも粒子の粗い高感度フィルムで撮ったので、
粒子が荒れて、やや絵画的に仕上がっています。


posted by ガセン at 09:19| Comment(0) | 海外

2017年05月06日

パリ・カフェドラペの夕暮れ

カフェドラペs.jpg

パリのカフェドラペは、超有名なカフェです。

通りにまで置かれた藤のチェアーと丸テーブルは、
1970年代の表参道にも真似たカフェができたほどトレンドになりました。

海外の人は、部屋の中よりも屋外のテラス席が好まれるようです。
今日は外の席に人はいなく、遠慮がちな人が多いのかもしれません。

パリはカフェ・テラスの人までが、絵になります。




posted by ガセン at 21:59| Comment(0) | 海外

2017年05月05日

ビッグベンは雨の夕暮れ

ロンドン時計台橋1s.jpg

ロンドンのシンボルでもあるベッグベン(時計塔)と国会議事堂になっているウェストミンスター寺院です。

ロンドン特有?の曇り空が、夕焼けで赤く染まってきましたが、
テームズ河を観光している船の人たちは、雨も心配です。

晴れて欲しいなあ・・・と思いつつ、雨模様はロンドンではなく、自分が雨男のせいかもしれません。

posted by ガセン at 21:21| Comment(0) | 海外

2017年05月04日

雨の夕暮れロンドン橋

ロンドン橋1s.jpg

今にも雨が降りそうな夕暮れ時のロンドン橋。

ロンドンは雨が多いといわれますが、噂はどうやら本当のようです。
滞在中、ほとんどが雨模様でした。

この重い雲が広がる空こそ、ロンドンの重厚さを醸し出しているのかもしれません。


posted by ガセン at 14:11| Comment(0) | 海外

2017年05月03日

ロンドン・ストリート PM5:00

ロンドンストリート黄昏s.jpg

ロンドンは、曇りか雨が多いですが、
この日は曇り空、夕方5時のロンドン・ストリート。

塗装のツヤも消えかけた古いクラシックカーの後ろを
足早に歩いていく女性が見え、慌ててシャッターを押すと
右足の白いハイヒールだけが、写真で固定できました。

ソニー・クラークの「クール・ストラッティン」はジャズの名盤で、
有名なジャケットの写真は、女性のハイヒールの足元と車がモノトーンで表現されています。

ほとんど思い込みですが、そんなソニー・クラークへのオマージュ写真です。




posted by ガセン at 20:43| Comment(0) | 海外

2017年05月02日

赤レンガ倉庫のウィンドーに写る飛鳥

レンガ倉庫飛鳥s.jpg

横浜の赤レンガ倉庫1階のカフェレストランは、夕方になると満席になってしまうほど人気です。
今日は、豪華客船の飛鳥が横浜港に停泊しているので、それを眺めているお客さんも多いようですね。

ウィンドーガラスに、巨大な飛鳥の雄姿が写り込んでいました。
豪華客船の旅は、やはり憧れます。


ちなみに、下の写真は店内から見た別の豪華客船です。

赤れんが飛鳥店内s.jpg
posted by ガセン at 19:27| Comment(0) | 国内

2017年05月01日

横浜たそがれ・・・

yokohama-s.jpg

まさに、歌のような「横浜たそがれ」・・・

ランドマークタワーやみなとみらいの都会的な街並みが
海側から見ると、シルエットのように浮び上がっていました。

横浜港を運行するシーバス(海のバス=船)からの眺めです。
posted by ガセン at 21:17| Comment(0) | 国内

2017年04月30日

黄昏に浮かぶ巨大客船

黄昏船横浜s.jpg

横浜港に停泊する大型客船の飛鳥が、夕暮れ時に光を灯しました。

花火大会の大勢の見物客で賑わう場所を照らす
巨大ランプのような不思議な「光景」です。


posted by ガセン at 22:06| Comment(0) | 国内

2017年04月29日

夕暮れの氷川丸

夜の氷川丸s.jpg

夕暮れが深まると、山下公園埠頭に固定された氷川丸がライトアップされます。
横浜の夜景に囲まれて、ひと際目立ちます。

今宵も、いろんなカップルがロマンチックな思い出を作るんでしょうね。




posted by ガセン at 22:12| Comment(0) | 国内

2017年04月28日

巨大客船ブルーサファイア

ブルーサファイアs.jpg

おそらく、横浜の大桟橋ふ頭に接岸した巨大客船では最大級の大きさを誇る
ブルー・サファイアの雄姿は、黄昏の横浜港で、ひと際、存在感を見せました。

遠くで見るとその大きさがわかりませんが、近くで見ると
巨大なビルが横たわっている感じです。

ブルーサファイア2.sjpg.jpg
posted by ガセン at 13:46| Comment(0) | 国内

2017年04月27日

水の女神とカモメ

夕暮れカモメ見本s.jpg

横浜の山下公園には、水の女神の像を中心に配した噴水があります。

夕暮れの強い逆光が、女神像をシルエットにしてしまいました。
ちょうど、カモメが女神の頭に乗っていたので、
影絵のようですね。
スマホで撮影したので、やや画像が粗いのが残念・・・。



posted by ガセン at 14:54| Comment(0) | 国内

2017年04月26日

ゴンドラで巡る黄昏の旅

ゴンドラ夕焼け2s.jpg

ゴンドラの船先に小粋なバラの花束がセッティングされています。
サービスがいいですね・・・

しかも、黄昏に合わせて、ゴンドラの船頭さんが、カンツォーネを歌ってくれました。
なんとまあ、サービスの良いゴージャスなゴンドラ旅・・・

古いフィルムカメラで粒子の粗い高感度フィルムで撮ったので、
夕日が粗粒子で荒れていて、絵画的に仕上がっています。


posted by ガセン at 09:58| Comment(0) | 海外

2017年04月25日

ゴンドラの黄昏ランデブー

ベニスゴンドラs.jpg

ベニスのシンボルとも言えるゴンドラが、
仲良く二艘が寄り添っているようにも見え、まるで、「ランデブー」です。

黄昏時の赤っぽい色合いが、ゴンドラの船底の赤を浮き出してくれました。


posted by ガセン at 09:33| Comment(0) | 海外